見てるだけじゃもったいないyoutube

youtubeで変わったこと、それは今まで以上に表現の自由の幅が広がったことと、どこにいても自分の人となりや商品、ノウハウを発信できるようになったことです。

ビジネスに限らず、好き放題に何でも発信して知ってもらえるというのはものすごく大きいことです。自分のことを知ってもらうには今まではwebサイトやブログ(文章)、そこに載せる写真、あとリアルで言えば様々な場面に顔を出して自分のことを知ってもらうという活動です。

もちろんこれらの活動は今の継続してやった方がいい活動ですが、プラスアルファで動画で発信することができるようになりました。この大きなメリットは自分の動き、声、表情、話し方などあなたの人柄情報を出せるということです。
これはどんなに文章で表現しても再現できないことですよね。

また動画というのは訴求力が高いことが最大のメリットです。

動画で商品を見たほうがやっぱりわかりやすい。
動画でイベントのダイジェストを見たほうがやっぱり雰囲気はよくわかる。
動画で商品の使い方を説明したほうが視聴者も真似ればいいからよくわかる。
動画で講義を聞いたほうが講師の伝えたいこと、抑揚が伝わってくる。
などなど。

文章書くのが苦手、億劫、どう説明していいかわからない・・けど見てほしい。

そんなときこそ動画の出番です。
取り合えず話してみる、説明してみる、商品を映してみる、使い方を映してみる、あなたの素直な感想を述べてみる、など。

今までは人に会わなきゃいけない
全部を説明しなきゃいけない
商品を持っていかなくてはいけない
写真を見せてそこからさらに解説しなきゃいけない。

でも動画の場合は、見てもらいながら、
「ここをこうすればいい」
「ここをこういう風にするだけで」
「するとこんな風になります」

どうですか?

こんな抽象的な言葉でも動画だと大丈夫ですよね。

品質や程度なんて気にしていないでどんどん発信することが重要です。
恥ずかしい、どう見せたらいいのかなんてあとから修正していけばいいんです。

初めから完璧なんて無理です。
初めから商品の問い合わせがあるなんて稀です。

商品開発(有形商品であろうと無形商品であろうと)と同じように、あなたのスキルと同じようにコツコツを積み上げて発信していけば必ず視聴者は増えてきます。

自分(自社)で発信するだけで、見てもらえる、ファンがつく。
そこから問い合わせが入ることも可能性は大です。

まずは動画に触れること、スマホでサクッと撮ってみること、発信してみること。

できることからやってみましょう。