動画制作スキルを学ぶ「撮影編集はじめて教室」

あなたは以下に当てはまりませんか?

・動画を作れるようになりたい
・動画撮影でのカメラの基本を知りたい
・写真は撮るけど動画は難しいと感じる
・自社に動画クリエイターを作りたい
・編集ソフトを扱えるようになりたい
(Adobe Premiere pro、Aftereffectsを教わってみたい)

以上に当てはまったら、あなたにとっての動画クリエイターとしてのスキルがスタートしています。
動画クリエイターに転身までは考えなくて結構ですが、動画を作れることは会社にとってもあなたにとっても絶対に損しないスキルです。

もうすぐ”通信革命が起こる”と言われている5Gの時代。
すでに市民権を得ている動画は、ビジネスはもちろんますます日常に溶け込んでくるツールになります。

1億総カメラマンから、1億総動画クリエイターの時代。

さあ、あなたの動画クリエイターとしての物語を作っていきませんか?

クーセプトでは、丁寧に、分かりやすく、ゆっくりと、楽しくレクチャーしてまいります。

カメラ撮影はじめて教室

カメラの操作方法が難しいと思っている方も多いはず。

Youtubeでカメラのチュートリアルを見ても本を買って読んでみても、理論は分かっても実際に手を動かしてみると全然うまくいかないことが多いですよね。

その時の”分からない!できない!”は、Youtubeのチュートリアル動画や本ではほぼ解決できません。

理由は、
・カメラの種類が違ったりする。
・カメラを触っているときの環境も状況も違う。
・カメラの操作や設定、経験値などのバックグランドからくる理解度が違う。
・構図もわからないし、光なんて読めない。

などなど。
挙げればきりがないくらい、やればやるほど難しいと私自身も思ってきました。
上手になりたい気持ちと挫折しそうな気持ちが交錯したりもします。

そんな私自身の体験も交えながら、初心者でも楽しく学べるレクチャーを行います。

※カメラは、スマートフォン、一眼レフカメラ・一眼ミラーレスカメラ(いずれも動画撮影機能付き)、業務用カメラ(XDCAMを使用)など、各種対応しています。

動画編集はじめて教室

動画の編集って難しいんですか?ってよく聞かれますが、実はそれほど難しくはありません。
映像を取り込んで不要なところをカットしてつないでBGMを当てればできてしまいます。
とはいうものの、未経験ではやっぱり抵抗があったりもします。

クーセプトでは、「スマートフォンアプリの動画編集」「パソコンでの動画編集」の両方に対応しています。

また、パソコンでは初心者でも簡単に扱えるWondershare社製 Filmora(フィモーラ)(詳しくはこちら)の編集教室と、初心者からプロまでのニーズを満たすAdobeの編集ソフト(Adobe Premiere pro、Adobe Aftereffects)でのレクチャーが可能です。

※Wondershare社製 Filmora(フィモーラ)⇒ 詳しくはこちら

※Adobe製品 ⇒ 詳しくはこちら

 

Adobe Premiere proとは?
映画やテレビ業界、映像・動画業界では広く使われている編集ソフトですが、今や個人でも多くの方が使用しているソフトになります。

 

動画編集は基本は「余分な個所をカット」して「つなぐ」だけです。
その他にも魅せ方やエフェクトなどの扱いもありますが、基本的にはそれほど難しくありません。
基本操作だけなら、2時間もあれば十分にできてしまいます。

そこまでプロのソフトは必要ない、という方も多くいらっしゃいますがこのAdobe Premiere proの最大のメリットは、Adobe製のソフトとの連携がとても簡単に出来ることです。

IllustratorやPhotoshopのソフトも読み込めて扱えるので、デザインとの相性も抜群です。
実写映像を編集し企業ロゴを最後に貼り付け、最後にBGMを付ければ簡単に動画が出来てしまいます。

 

Adobe Aftereffectsとは?
アニメーションやモーショングラフィックス、映像合成を行うことができるのが、Adobe Aftereffectsです。

 

正直、Adobe Premiere proよりかはやや難しく、理解に時間がかかると思います。
私自身も当初は仕事の都合で週に2,3回ほどしか触っていませんでしたが、”あ~なるほど、こういう扱いができるソフトで、こういう仕組みなんだな”と腑に落ちるまでに4,5カ月かかりました。
(しかし、これは独学とオンライン動画、書籍などで学んでおり誰にも聞くことができなかったからです。)

初心者だった私は、たくさんつまづき、何度も壁にぶち当たり解決できないことも多くありました。
しかし、コツコツと継続していった結果、ソフトの理解と表現方法が分かるようになりました。
こんな経験があるからこそ、初心者のあなたにも分かりやすく丁寧にレクチャーしていきます。

また、このソフトをほんのさわりだけでも知っておくと本当に便利だと思います。
あなた自身で作業しなくても、出来る人に依頼するときにソフトを少しでも知っているのと知らないのとでは、仕事そのものに影響してくるからです。

実際にこのソフトは、実写映像にテロップを入れる場合や動きを付けながら表示したいときによく使います。
また、デザインを動かしたり写真を動かしたり、VFX(例えばウルトラマンのビームなど)など、あらゆる映像が作れてしまうソフトです。

Illustrationで制作されたロゴを動かせばロゴアニメーションが出来てしまいますし、実写とエフェクトを合わせれば実写合成の映像を作ることが可能です。

SNSの動画広告などパソコンやテレビに関わらずあなたが目にする映像のほとんどは、ほぼAdobe Aftereffectsが多用されています。

動画編集を学ばれる方はお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

PAGE TOP